アルバイトの方必見。最近人気の銀行カードローン。

銀行カードローンを利用できる人の条件、あなたはご存じですか?

 

信販会社などに比べたら審査基準が低いので、誰もが利用できるといったイメージ。毎月のきちんとした安定した収入を得ている正社員のみが利用できるというイメージ。

 

利用者のイメージはそれぞれですが、今話題となっている銀行カードローンがあります。それは「アルバイトでも利用できる銀行カードローン」です。

 

実際、アルバイトの方で、審査を受ける方の数は年々増加しています。そこで、アルバイトの方が銀行カードローンを利用するうえで、知っておきたいポイントをチェックしておきましょう。

 

パート・アルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

※即日OK!今すぐ借りたい場合におすすめのキャッシング

 

自分のアルバイトの状況。

銀行カードローンの審査には、ローンの返済能力が大きく影響します。そこで、アルバイトの方は正社員の方よりも返済能力が低いとみなされてしまいがちです。

 

しかし、アルバイトの方でも、返済資金に十分な収入をお持ちの場合もありますし、アルバイトでも、毎月安定した収入があれば大丈夫です。また、ローンの審査が下りるかどうかには、あなたと銀行の信用も大切になってきます。

 

ですので、あまり転々とアルバイト先を変更されるよりも、同じところである程度働いているといった方が、信用でき、審査が通りやすくなります。つまり、毎月の収入と勤続年数の安定が重要ということです。

 

銀行カードローンの種類。

一口に銀行カードローンと言ってもいくつかの種類があり、アルバイトの方が利用できない銀行カードローンもあります。

 

もちろん銀行が違えば特徴も違いますし、同じ銀行であったとしても様々な特色の異なる商品があります。その中から、「アルバイトが利用できる」ものを選択しましょう。

 

これらのカードローンでは、設定額が通常より低く設定されていろものがほとんどですが、その分誰にでも利用することができるよう、審査は通りやすくなっています。

 

正社員ではないからと諦めてませんか?実は利用できる銀行カードローン

 

カード―ローンの審査は、アルバイトや派遣社員などのいわゆる非正規雇用では通らないではないかとお考えではないでしょうか。

 

実際過去においては、カードローンの申し込み条件として正社員である事は記載されていたり、例え申し込みは出来ても、アルバイトや派遣社員であるとカードローンの審査に通らなかった事はありました。

 

しかし昨今、働き方の形態は多様化し、また必ずしも会社で働く全ての人が正社員での雇用とは限らない世の中になっている事から、カードローン各社においても、雇用形態を深く問わなくなってきているのです。

 

勿論それは、銀行のカードローンでも同じ事が言えるのです。

 

雇用形態よりも、安定した収入の有無が大切

例えばアルバイトを掛け持ちして働いている人であれば、正社員なみに月収を稼いでいる人もいるでしょうし、派遣社員であっても何年も真面目に働いて人並の生活をしている方もたくさんいらっしゃいます。

 

カードローンの審査において重要視されるのは、返済能力があるかどうかという事なのです。なので、アルバイトや派遣社員であっても、きちんと毎月返済していけるだけの収入があると判断されれば、カードローンの審査にも通る事が考えられます。

 

年収はしっかり報告しましょう

融資限度額は、年収によって換算されると言えます。例えば、アルバイトを複数掛け持ちしている人の場合、金額の多いアルバイトだけを記入するのではなく必ず全ての収入を書く事がとても大切です。

 

派遣会社で働く方も同様で、自己判断せずご自身が得ている収入をしっかりと報告する事は審査をより通りやすくしますし、収入が多ければそれだけ融資限度額も高く設定されますので、注意しましょう。

アルバイトやパートの人がカードローンに申し込む際のポイント

 

アルバイトやパートの人の場合には、カードローンの審査に通ることは難しいと考えている人もいるかもしれません。しかし、現実にはアルバイトやパートの人でもカードローンを利用している人はいます。

 

全く収入がないような無職の人などの場合には利用できないことが多いのですが、アルバイトやパートでも収入が安定しているならば審査にパスする可能性は十分にあります。

 

もちろん、公務員や正社員といった安定性に強みがある場合と比較すると、限度額が低めになるケースはあり得ます。しかし、それほど大きな限度額を望まなければ、アルバイトやパートの人がカードローンを利用できることは珍しいことではなくなっています。

 

バイトやパートの方でもすぐに返せるなら絶対お得!無利息期間ありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

申し込みをする際のポイント

 

アルバイトやパートの人の場合には、銀行よりも消費者金融の方が通りやすいという見方もありますが、金利の低さは銀行の方に強みがありますので、最初は銀行のカードローンに申し込んでも良いかもしれません。

 

ただし、以下の3つのポイントについてはよく注意してください。

 

  • 短期間に3社以上の申し込みは避ける
  • 希望限度額は必要最小限にとどめる
  • 返済期間は無理のない範囲でできる限り短くする

 

まず、短期間の申し込みは審査に悪影響を与えることが知られています。2社の審査に続けて通らなかったならば、一旦間隔をおいてから申し込みをするようにしましょう。

 

また、希望限度額が低く、すぐに返済するという場合には、融資する側のリスクが低くなりますので、印象が良くなります。最初から大金を借入することは難しく、限度額を高くするためには返済実績を積み重ねることが必要であると言われています。

 

現在の状況と過去の経験

 

現在、他のカードローンを利用しているという場合には、その件数が多いと審査で厳しい判断を下されるケースが多いです。特に、3社以上から借入がある場合には、審査に落ちる可能性が高まります。

 

その場合には、おまとめローンを利用して借入を一つにまとめてしまうことを検討してみましょう。過去にカードローンを利用した経験がある人の中で、延滞をしたり自己破産などの債務整理をしたりした場合には、審査に落ちる可能性が高いです。

 

信用情報機関の記録に情報が残っている間は審査に通ることは難しくなりますので、返済日に遅れないようにするとともに、債務整理をするような事態にならないようにしていくことが重要です。

 

記録の内容によって変わりますが、その情報が消えるまでは、数年から10年程度かかるようですので、注意してください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴